«

»

10月
28

第18回卒業生の大滝潤子さん

第18回卒業生の大滝潤子さんが、国境なき医師団のスタッフとして今回エボラ出血熱の最前線であるシエラレオネでの活動を終えて現在日本に戻っておられ、多くのテレビ番組などに出演しておられます。

大滝さんは、函館三育小学校、北浦三育中学校、広島三育学院高等学校、三育学院短期大学看護学科を卒業された方です。

10月26日には、大滝さんの特集を組みたいということで日テレのNEWS ZERO の取材クルーが広島三育学院にも来られました。

大滝さんがこの「国境なき医師団」の活動に入るきっかけとなったのは、高校時代の海外ボランティア活動でベトナムに行ったという経験にあるということです。

三育をさらに知っていただける機会となればと思います。
三育の卒業生の活躍を心から応援したいですね。

10/27千葉日報ウェブ
http://www.chibanippo.co.jp/news/national/221648

「大滝潤子」「看護師」「エボラ」をキーワードに検索してみてください。
毎日多くのメディアの取材を受けたり、生出演、特集番組、週刊誌等で報道されています。
西アフリカで猛威を振るい世界中に飛び火しているエボラ出血熱の終息が早く訪れますように、
「国境なき医師団(MSF)」をはじめとする世界から派遣されている医療スタッフが感染から守られますように、
この祈りの輪が日本全国・世界各地にさらに広がりますようにと心から願いつつお知らせいたします。