5月
12

広島三育学院中学校「春の祈祷週」

4月24日(日)〜30日(土)、広島三育中学校では春の祈祷週が行われました。東京中央教会の藤田昌孝牧師をお招きし、「天の親心」というテーマでメッセージをしていただきました。生徒たちの特別讃美歌も多く用意され、賛美と御言葉に溢れた1週間となりました。IMG_2330_R

《毎回わかりやすく熱いメッセージを届けて下さいました》

IMG_2329_R

IMG_2606_R

《中学3年生ダブルコーテットによる特別讃美歌》

IMG_2437_R

《各HRによる特別讃美歌》※写真は中学3年生

IMG_2412_R

《中学1年生グループによる特別讃美歌》

IMG_2379_R 《ハンドベルによる特別讃美歌》

IMG_2447_R

《中学3年生女子グループによる特別讃美歌》

IMG_2461_R

《藤田先生による特別讃美歌》

IMG_2478_R

《中学2年生コーテットによる特別讃美歌》

IMG_2491_R

《各HRによる特別讃美歌》※写真は中学1年生

5月
01

2016年高等学校球技大会

2016年4月20日
恒例の新入生歓迎球技大会が開催されました。夏かと思うくらいの暑さの中でしたが各チーム思い思いのコスチュームで取り組んでいました。研成会(生徒会)の細やかな配慮で新入生もそれぞれの方法で楽しいでいました。ゴールデンウイークも関係なく授業を行なう本校にとってこの休日は中間試験前の唯一の休みでした。
soft

4月
26

広島三育学院中学校ソフトボール大会

4月18日(月)、新入生歓迎ソフトボール大会を行いました。各チーム学年・男女・教員がミックスの8チームをつくり、総当たりで対戦を行いました。2・3年生はソフトボールを通して1年生たちを歓迎し、少しでも楽しんでもらい一日でも早く学校生活に慣れてもらおうと様々なところで頑張っていました。1年生も最初は緊張からか、ややおどおどしながらプレーに参加していましたが、失敗した時の“ドンマイ”やうまくいった時の“ナイスプレー!”という先輩たちの声かけに励まされ、とても楽しそうにしていました。

前の週の天候が悪く十分に練習ができず、珍プレー、迷プレーも多く見られましたが、「初めてフライを取ったー」、「やっとバットに当たった」など、感動的なシーンも数多く見られ大変に充実した一日を過ごすことができました。

 

IMG_8214_R

《三育のソフトボール大会は、試合の始めと終わりには必ずお祈りをします》

IMG_2140_R

《試合の始まる時には円陣を組んでファイト!の一声》

IMG_2147_R

《先行を決めるジャンケン。25分間の試合なので先行が圧倒的に有利。気合が入ります。》

IMG_2164_R

《みんなで三育オリジナルの応援歌を歌って応援》

IMG_8168_R

《予告ホームランを狙う3年生。結果は空振りでした。》

IMG_2203_R

《1年生の女子も慣れないバッティングを頑張りました。》

IMG_8572_R

《バットを投げない特別ルールで1塁まで全力疾走。》

IMG_2166_R

《得点が入ると一気に盛り上がります》

IMG_2248_R

《研成会(生徒会)の役員も企画実行を頑張りました》

IMG_2257_R IMG_2266_R IMG_2275_R IMG_2284_R IMG_2293_R IMG_2318_R

4月
11

広島三育学院中学校第40回入学式

4月6日(水)、満開のサクラで彩られた美しいキャンパスで、広島三育学院中学校第40回入学式が行われました。新入生紹介では、担任の中村光先生が新入生22名全員の名前を順番に読み上げると、一人一人が「はい」と返事をして講壇に上がり、校長から校章を受け取り握手をしました。これから始まる初めての中学校での生活や寮生活に一日でも早く慣れて、良い学びと経験ができる事を心から願っています。

IMG_7939_R《やや緊張した面持ちで式が始まりました》

IMG_1475_R《中学校教員による特別演奏》

IMG_1489_R《田渕裕校長による式辞》

IMG_1575_R《校章を受け取り、いよいよ三育中学生になりました》

IMG_1605_R《新入生代表による決心の言葉》

IMG_1429_R《式の終わりにはすっかり中学生の顔になっていました》

2月
08

第39回 高等学校卒業式

恐らく県内で最も早いであろう本校卒業式が1月24日に挙行されました。1月22日(金)の夜に行なわれる「献身会」から始まる本校の卒業プログラム。3日間をかけてのプログラムは単に3年間の思い出を振り返ったり、卒業証書を授与されるだけのものではありません。キリスト教の信仰教育を土台としている本校の教育プログラムの全てが終了する訳ですから、まず神に対する感謝と献身を表し次に自分の赴く伝道地についても考え決心を新たにします。教員も同じキャンパスに住む文字通り「寝食を共にする」間柄ですのでその別れは我が子とは離れるような気持ちになります。複雑な思いで過ごす3日間。卒業生の前途に神様の祝福とお守りを心から祈るものです。
g

11月
13

ドナルドミラー健康講演会が動画で公開

スクリーンショット(2015-11-13 8.21.28)9月26日(土)と27日(日)に本校で行われた、健康セミナーが、Hope Cannel Japan で一般公開されました。
26日は「がん予防と菜食」のテーマで一般向けに。27日は「なぜ菜食か?」のテーマで中学生に向けて、それぞれセミナーが行われました。
【 公開URL 】→ http://goo.gl/T9eqnZ

【 講師について 】ドナルド・ミラー 米国認証の自然療法医(N・D)。1985年よりアラバマ州にある自然療法機関ユーチパインズで、自然療法医として、また同所内の教育部門で指導の任を務める。生活習慣、及び自然療法の分野においての講演では定評がある。数年前からは、米国はもとより、ロシア、韓国、ヨーロッパ等での講演や指導で活躍中。日本では、各地での講演、ユーチパインズ日本校の講師を務めている。

10月
28

高等学校ロードレース大会

10月27日、午後から恒例のロードレース大会が行われました。
福山市在住のトライアスリート福山哲郎様をお迎えしての開催となり全員が真剣かつ熱心に取り組む機会となりました。最後の走者が戻ってくる迄大雨の中全員が待っている姿がとても印象的でした。

rr

9月
23

高等学校体育祭

9月16日(水)、心配されていた天候にも恵まれ予定通り体育祭が開催されました。4チーム対抗で行なわれる競技、学級対抗競技、クラブ対抗などそれぞれに対戦する相手をかえ、最終的には自分にチャレンジする事をモットーとする本校の体育祭ですが今年も多くのチャレンジを見る事ができました。心配されていた天候のために生徒たちが一丸となって祈り続ける事ができたのも三育ならでは、と思っております。競技が終了し後片付けが一段落する時に大雨となりました。チャレンジできた自分、更に仲良くなれた仲間、支えられた天候など全てに対して感謝できる一日でした。

taiiku

6月
08

福元哲郎さん講演会

 6月7日(日)、本校ではPTAプログラムが行なわれました。その中でトライアスリートの福元哲郎さん(今年度から本校と三育フーズがスポンサー契約を締結)をお迎えして公演をしていただく機会がありました。一年ほど前の大会で再起が絶望視されるような事故に遭いましたが奇跡的な回復と不屈の精神で見事復帰を果たしました。揺るがない目標に向かって努力を続け夢を叶えてこられた氏の話しに中学生高校生、そして保護者の皆様も引き込まれておりました。「自分は必死になって夢を追い続け頑張ってきた。そしてそれを叶える事ができた。だから絶対に夢をあきらめずに頑張ってほしい。しかし、自分が大きな怪我をして初めて分かったもっと大切な事を憶えておいて欲しい。それは、自分を支えてくれる人がどれほど沢山いるかということだ。その人たちに対する感謝に気持ちを忘れてしまったら真の意味で強い人にはなれない。」
何かを極め、今もそれを続ける方の言葉の重さと説得力に感動をおぼえる公演でした。福元哲郎さんについてはこちらをご覧ください。http://www.fukumoto-t.com
fukumoto

5月
05

高等学校 春の祈祷週 4月26日〜5月2日

本校で最も大切にしている信仰教育プログラムの一つが「祈祷週」であります。
春と秋に講師の牧師先生をお招き講話をしていただき、その促しに応じてホームルームや寮、その他の小グループで普段よりも熱心に祈る、というプログラムです。春はSDA八王子キリスト教会牧師の伊藤滋牧師が「悩みの日にわたしを呼べ」と題して一週間を導いてくださいました。本校チャプレンで長い間奉職されていたこともあり高校生の心を瞬時に捉え的確なメッセージを語ってくださいました。高校生だけでなく私ども教職員も目頭を熱くしながら拝聴する期間となりました。先生の優しく穏やかで多くの人の苦しみを自分のそれとして理解できるお気持ちが、私ども聴衆一人一人をキリストに導いてくださいました。期間の最後には新たにキリストを救い主として受け入れる決心をした二人がバプテスマを受けました。非常に恵まれた一週間でありました。
SDA八王子キリスト教会http://adventist8oj.net
wop

古い記事へ «

» 新しい記事へ